九州竹和会の沿革

九州竹和会の沿革

竹中工務店が掲げる 正道・信義・堅実 の理念を正しく理解し、古い因習にとらわれない新しい協力業者の育成を目的として団体が発足。その活動は、進化しながら現在も脈々と受け継がれている。

昭和4年 竹中工務店福岡出張所開設
昭和8年 「竹福会」を結成
昭和9年 会長 中村重吉 就任
昭和12年 竹中工務店福岡支店へ昇格
(株)竹中工務店を設立
(株)竹中工務店福岡支店に名称変更
昭和15年 会長 波田種市 就任
昭和16年 全国単一組織「竹和会」を結成。
「竹福会」は「竹和会福岡支部」となる。
昭和20年 (株)竹中工務店九州支店に名称変更
昭和22年 会長 辰元喜蔵 就任
昭和25年 「九州竹和会」に名称変更
昭和33年 「九州竹和会安全衛生協会」発足
昭和40年 竹せい会発足
昭和43年 職業訓練法人九州竹和会福岡建設高等職業訓練会を設立
職業訓練法人九州竹和会福岡建設高等職業訓練所(訓練校)を開設
昭和48年 会長 藤原孫四郎 就任
昭和50年 九州竹和会建設事業協同組合を設立
昭和56年 会長 白水大吉 就任
職業訓練法人九州竹和会福岡建設高等職業訓練会解散
職業訓練法人九州竹和会福岡建設高等職業訓練校を閉校
昭和58年 「竹中工務店九州支店安全衛生協力会」に名称変更
九州竹和会建設事業協同組合解散
昭和62年 会長 森 忠重 就任
九州竹和会五十年史「五十年を歩む」を発刊
平成7年 会長 中村勝重 就任
平成12年 全店組織「竹中工務店安全衛生協力会」として本部を竹中工務店本社に置く。
平成15年 会長 柳井照男 就任
平成19年 会長 中村政博 就任
平成22年 「竹和会百年史」発刊